28 mai 2015

DV加害という特質から健全な者善良な者が目立って標的にされています

DVといわれる被害が社会的に問題になって久しく経ちますが、兵器被害者が置かれている状況もこれに類似しています。家庭のみではなく社会や集団、組織、ひいては国民的被害者といったさまざまな環境のなかでDVは発生しています。そういった社会問題の報道とはうらはらにむしろこの方法を公然と悪用しているのがこの加害者です。報道の裏には人体実験があるというか、被害者の心理操作とあいまって巧妙なトラップがかけられている一例でもあります。加害者は長期にわたりかつ常態的、連続的な攻撃をおこなっており、被害を克服するのは容易ではありません。DV 問題に対する理解は必要だと思いますが、DV を受ける人が加害者や社会に対してどのような反応を見せるのか理解すること、そして一体どのような場面で攻撃を受け続けているのかに気づくことが重要です。またインターネットや種々のメディアを通して被害者に悪い印象を持たせる情報操作が横行しています。このことはDV 加害者がとくに善良な人々を標的としたがっていることに大きく関連したものです。DV 人体実験という特質は非常に重要な側面を持っています。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 23:36 - Commentaires [0] - Permalien [#]