06 juillet 2015

被害者に充分な休息がとれているか

“イジメ”などと称され続けている人体実験の中で意識を失わせるような拷問法が使われている可能性がある。睡眠妨害とも類似しているかもしれない。ともかく限界と思えるまで立て続けに暴行を受けている。あのような暴行にみまわれるのならひとりで北極に避難したほうがましだと思うくらいである。少し前の「気絶ゲーム」がはやっているという報道は、そうとうに怪しいのではないか。長期にわたる被害の繰り返しで意識的な痕跡が残っているかもしれない。その痕跡をまた別の人体実験に利用しようとするのだ。攻撃を受け続けたことによって休息が妨げられていないだろうか。睡眠に関わる症状があれば注意が必要だ。何を目的としているかいまのところ定かではないが、適切な休息によって痕跡を軽くすることができるかもしれない。PC や スマホ作業も充分に休みをとった方がいいだろう。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 23:38 - Commentaires [0] - Permalien [#]