29 juillet 2015

被害者目線の情報操作が作る「国民の壁」

時々ニュースに扱われている「イジメ」事件だが、人体実験以外に全く原因は考えられない。人体実験は相当な規模で起こっているというのに、被害者が死なないと事件にならないというのがあたりまえになっているようだ。ここ30年以上こういった状況が変わらないのはマスメディアが巧妙な被害者目線の情報操作を繰り返しているからだとおもう。彼らの流している情報は全くのインチキである。しかし被害者目線を装っているために非難をかわしやすく多くの国民がすりこまれてしまう。彼らの社会的批判は真実とはまったく別のところに向けられる。偽装活動者らが被害者の親族などを取り巻くようにして事件はどんどん闇に包まれてしまう。しまいには情報偽装者は弁護士などにふんして接触を試みるかもしれない。このような仕組みは現在の政治キャンペーンにも通じていないだろうか。スパイ活動者は政権のみならず人権や平和などの団体をも根城にしてきた。殺人実験のためにありとあらゆる方法で事実を歪曲し本来の目的とは全く違う活動を行った。人々を偽装情報の繰り返しで誘導し大量の傀儡兵の動員に成功した。いままさに「国民の壁」の大きなうねりは人間社会を破壊し日本全体を悪魔の城に変えようとしているのである。スパイグループ同士の自作自演が横行しては無関心はどんどん広がってゆくだろう。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 06:51 - Commentaires [0] - Permalien [#]