08 août 2015

拷問被害者は日本人にたいしてどのようなスタンスで臨むべきなのか

拷問被害者らは兵器や人物などから受ける日常的苦痛からの救助を求めるために、常識的な訴えを繰り返しているのみである。しかしながら、社会における恣意的な排斥や、情報手段の悪用があまりにひどく、理解しがたい莫大な苦痛を長期にわたり社会から強いられている。このようななかでわたくしたちは、日本人にたいするスタンスを考え直す必要があるかもしれない。これまで被害者らは、ほとんどの努力を、不正な社会的重大疑惑から、かつてからの同友をかばい立てるために強弁を続けてきた。しかし、この殺戮事変はすでに70年以上、この列島のなかで横行していることであり、その間多くの人民が徒党をなしてナチ活動の推進力となってきたのだ。わたくしたちの彼らを擁護を目的とするする弁論は、置き去りにされ、虚しくも無視され続けているのである。日常的な困難や、被害者殺害の原因は、日本人になってしまっているとしか言いようがない。不法活動は日本の警察にも横行し、被害者は公正な扱いを受けることができなくされている。このような極めて困難な状況において歪みきった人々をかばい立て続けるのは無理かもしれない。このヤリゴク状態の不法地域において、社会に対する根本的なスタンスを見直すことが重大になっている。わたくしは拷問を受けている人々に、今以上の負担をお願いするようなことを言うのは、大変忍びないことと思っている。しかし、被害者の長期的生存が、全く確立していない状態であり、緊急の対処を考えなければ有意の生存を期待することはできない。この無能な民族からの虐げをうける人々に僅かでも救出のめがあってほしい。わたしたちの常識的な訴えの差別的排斥は撤廃され、社会のなかで整合的に受け入れられなければならない。ヤリゴクな人々が復元し、社会的統制が戻る日もいずれはあるかもしれないが、それまでの間被害者を保たせることは大変にきびしくなっているのである。

ブログトップへ


Posté par TAKAHIRO à 20:44 - Commentaires [0] - Permalien [#]