ほとんどの被害者は多年にわたる暴行を受け続けているが、これがとりしまられないという状態は極めて異常だ。被害者は訴え出るところがないために忍耐を続けているが、社会的な拠り所をほとんど強奪されている。イジメ厳罰化などとそそのかしている集団があるが、他国のスパイと共謀して邦人を虐殺する行為は確実に発生しているわけで、これが刑法にひっかからないという解釈はとんでもなさすぎる。また、イジメ加害者が殺人暴行研究の加害者であることもれっきとした事実だ。ペテンが横行してしまっているために、報復に出た被害者が一方的に責任をなすり付けられてしまっているケースも多いようだ。社会機能が正常に作動していれば、このような悲惨な扱いは絶対に発生しないわけで、スパイ集団がはたしてどこに設置されてしまっているのか、訴えを進め方をよくよく考察してほしい。

Blog Top Page.