22 mars 2016

悲しい話ですが、長い間被害者をつづけていると差別みたいなものが安心感になってしまっているおそれ

恒常的拷問にさらされている人々が社会でもかなりとんでもない扱いをうけているわけですが、感覚的にマヒしちゃってるというのがしかたのないような状況です。被害者の会には長いこと参加していませんが、この武装侵攻に対して現代の常識的な感覚できちんと評価し対応する努力ができているのか非常に心配になります。ほとんどの被害者は何十年もの間一般的な人間的生活をはく奪されてしまっているでしょうし、ノン・リーサル・ウエポンとはいっても、この方法が最悪の虐殺手段であることは間違いありません。とにかくすぐに効果をあげることをやっていかないとおしまいです。生死の際にある人たちが集まっている割には一体どうしたんだと思います。日本も銃を解禁してしまえば、社会が安全になって人々の知性も機能するのではないでしょうか。もう20年くらい前にテレビの被害にあってしまってから当たり前の1日とういうのがまだ取り戻せていませんからどうにかしたいですよ。遠隔よりもやばい奴らにわたしたちは囲まれつづけているわけで、ほとんどの人がだまって殺され続けているのですから、このような悲惨な状況は放置しないでもらいたいですね。

 

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 05:04 - Commentaires [0] - Permalien [#]