15 avril 2016

兵器侵入に気づく前に遭っていた事を克服することは重要

多くの方は長期間被害に遭っていることを知らずに生活してきたり、部分的な被害にしか気づかないまま過ごしているとおもわれます。自分のまわりにアバター兵が常駐していても、ちょっと彼らの表情がぎこちないという程度で、生身の人間と区別することは困難です。私の場合では1998年に被害を気付き始める前に相当な侵入を受けてしまっていたようです。兵器侵入があまりに奇抜なので忘れがちですが、それまでの期間が安全だったわけではありません。実際のところ、人格を変容させるような虐待がかなり続いており、自分の人生と呼べるような期間がなかったという状態に近いです。毎日兵器の攻撃にさらされてしまう現在の状況もかなりひどいですが、それ以外に本来の自分が生存していたと確証できる恵まれた期間があったというのはおもいすごしになっているかもしれません。兵器攻撃に遭っている以前の生活に戻りたいという感覚はおこりますが、本当はそれ以前に自分が生きている時間があったとはいいがたいものでした。かなり早い時期から周到な虐待は始まっており、兵器侵入以前の生活がすでに人格の破壊を受けた悲惨なものであった可能性がたかくあります。現在の兵器侵入を元に戻す方法はまだ見当たらないのですが、重大な苦痛が過去に発生していたものを放置するのは望ましくありません。何の意味もない被害の繰り返しを避けるためにも、いままでおきているすべてのことに妥協なくたいしょしていく必要があります。

 

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 17:45 - Commentaires [0] - Permalien [#]