21 avril 2016

洗脳暴行を繰り返す自爆兵活動者が人権をたてにとってあなたのおうちにやって来ます。これが日本社会の安全です。

拷問被害者にはなくてスパイ侵入者にはあるもの、それは日本人としての権利です。彼らは自分たちの都合で、法制度を整備し、殺人活動を円滑に進めることができます。拷問被害者は不法者とみなされ、彼らの都合のいいようにリンチを繰り返されてしまいます。日本の政治組織の中枢だけではなく、さまざまな団体にアベターは入り込んでいます。法律を悪用しているのではなくもともと彼らの社会が合法的に建てられています。大量殺人が報道されないのもそのためです。このような状況での生存が難しく、数十年以上存在しているにもかかわらず拷問被害の訴えは非常に限られているのはいたしかたのないところなのです。

 

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 09:36 - Commentaires [0] - Permalien [#]