26 juillet 2017

PTSD という言葉が聞かれますが、ほとんどの原因は精神技術の悪用では。

マスメディアが使っているが正しい意味で用いていない可能性がある言葉としてPTSDがあります。おそらく彼らが使っているのは一般的なストレス症状のことで、DSM で定式化されているものではないと感じられます。この PTSD という言葉が精神拷問の被害者から見れば「なんだこりゃ」という文脈で出てくるので、意味が合っていないように思われるのです。本来ならこの症状は精神拷問の被害者にとって深刻な問題であるのですが、DSM などが関係する事実の歪曲によって適切な支援が行われていないとみられます。つまり、現代の社会では精神技術を洗脳などの暴行手段として使用することが蔓延し、犯罪者に都合の良い「医凌」行為が発生してしまっているということです。多くの被害者が精神技術者が彼らの品位を卑めようとしていることを報告していますが、問題はそれだけではなく、実際に精神技術があらぬ目的のために使われてしまうという、より深刻な状況が発生しています。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 00:13 - Commentaires [0] - Permalien [#]