01 mai 2015

本物の世界いがいなにもありません

長らく被害を受け続けていても本物の世界をわすれてはなりません。本物の知識、本物の信頼関係、本物の会話、本物の社会・・・本物の世界いがい意味をなすものはありません。もちろん正しい知識が通用する社会になれば人体実験被害者の生存はたやすいでしょう。しかし、現段階でも本物の世界が消えてしまったわけではありません。

本物の世界と違うように感じられることがもしあればそれをひとつひとつつきあわせていかなくてはなりません。生存のために被害者が途方もない努力を強いられていることは確かです。しかし本物の世界があることをわすれなければ必ず生存の見込みがあると私は信じています。とにかくすぐに効果が出るような対策を行ってください。ものすごい忍耐になりますが少しずつでも必ず効果はあらわれます。

ひとつひとつ苦痛をのぞいてゆけばかならず終わりが来ます。それは途方もない作業になりました。きつくても他に耐え続ける方法がありませんでした。歪んだ世界や信じてきたことがすべて消えるまでがんばってきました。絶望的な状況が際限となく反復していました。しかし被害者は助かるのです。それはだれも見捨てていないからです。ひとりでもくじけずに勇気をもって道を切り開きましょう。

ともかく時間は限られているのでどんどん進みましょう。500年後のレベルに到達すれば本物の世界と行き来ができます。現代社会の矛盾はすべてなくなったことに気づきます。とにかく早くしないと時間がありません。社会的な疑問のなかにより根本的な問題が潜んでいます。最終的にはすべて投げ出すことになります。新しい世界、新しい均衡が生まれます。2000年、3000年後の世界は必ず輝いています。急いでください。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 19:09 - Commentaires [0] - Permalien [#]

しどーよーりょーかいてー

らいねんどからしょうがくいちねんせいでさいしょにならうかんじは

おおきな尻になります

みなさんこころえください

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 09:28 - Commentaires [0] - Permalien [#]

野蛮人ではないみなさま、ぜひとも下のほうからご連絡をお願いします。

日常的拷問、情報操作、人物による虐待を受け大変困っています。被害を訴える先がなくきわめて長期間にわたり忍耐を強いられています。もし拷問実験や兵器手段などに理解のある方がいらっしゃいましたらPC画面の一番下よりご連絡をおねがいします。いたずらなどはご容赦願います。常識的な判断を持って人体実験の停止に賛同いただける方、是非ともよろしくお願いします。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 06:35 - Commentaires [0] - Permalien [#]
29 avril 2015

わたしたちの野蛮人にたいして抵抗する権利が侵害されています

社会のなかにインチキデタラメ人間が公然と闊歩しているというのはどういうことでしょうか。対人電磁技術はただちに停止されなければどうにも割があいません。人類史上類を見ない虐殺技術であり人間への照射が全く許されるものではありません。兵器を繰り返し乱用することは虐殺の域を通りこしています。インチキ野蛮人は人間ではありません。善良な被害者にこれ以上暴力をくりかえすのはやめてください。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 03:22 - Commentaires [0] - Permalien [#]
27 avril 2015

子どものころからスパイにいりびたられるのは重大な機会のそんしつ

スパイの言動を聞かされるのはほんとうにつらいです。どっかのおっさんに子どもがつきまとわれているのと一緒でとにかくフレッシュさがない。本来だったら多様な情報に接触するであろう機会が全部いやがらせの一種なんです。聞いててまったく意味がないです。外界に接するはずのところがおっさんなんですから。スパイ当事者自体が有害きわまりなく自覚もしてくれません。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 22:25 - Commentaires [0] - Permalien [#]

26 avril 2015

洗脳実験を理解している人はインチキでまかせをかたったりしない

わたしの実感。この問題をどのような人に発信するか、どのような主張をするかを考えている。
ヤクザ社会から市民の安全をとりもどせ。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 07:31 - Commentaires [0] - Permalien [#]
24 avril 2015

ディスインフォメーションと殺人研究

現在の人体実験被害者がとりわけ悲惨な目にあわされている原因はディスインフォメーションによるものだとおもう。日本語で何と言ったらよいかわからないので情報ではなく情呆だと当て字を考えたりしているのだが、偽装情報の一種であるとおもう。ディスインフォメーションで一番心配されるのはインチキを垂れ流すキチガイ官僚があらわれることだが、20世紀後半から現在にかけて情報の乱れが絶えなくなってしまっているのではないだろうか。ディスインフォメーションはなにもしらない人が聞けば信じてしまう可能性がある。ディスインフォメーションを流している人物の存在も知覚されないものである。わたしたちのようにごうもんの現実をつきつけられている者にとってこれが脅威になっている。

残虐な殺人手段の先鋒として情報手段のそんざいが明かになってきている。情報手段によってごうもんを受けるひとびとは悲惨なあつかいを受けている。いまのところ対処の方法はせつめいできていない。たとえ被害者が生き残ったとしても莫大な苦痛がはっせいするだろう。

ディスインフォメーションは洗脳手段のより発展した形態である。一般市民に類似したあくまの群れを作り出す方法である。この方法についてしばらく考えてゆきたいとおもう。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 19:35 - Commentaires [0] - Permalien [#]
23 avril 2015

兵器テクノロジーよりも恐ろしいもの

 わたしは遠隔的スパイにあっていることを知ってからも周囲の人々に重大な危害が及ぶことをおそれ長らく被害を他人に伝えることはなかった。彼らの信じている世界に合わせるようにふるまった。それが本当の姿ではないことがわかっていても彼らがたまたまスパイ技術の存在を知らないだけであり人間的な知能が欠けているのではないと信じていたからである。しかし私が被害の救援をもとめはじめてからみたやつらの姿はまったくもって後者の部類だった。知性の欠落者たちによる暴行は遠隔兵器よりも格段に恐ろしいものであった。わたしは野蛮人村に生まれ育ったなど聞いた覚えはない。しかしながら彼らの粗暴なふるまいは想像を絶するものであった。

現在洗脳被害者がおかれている状況は非常に苦しい。社会のいたるところで野蛮人の暴行が蔓延し被害者らは尋常ではない忍耐を強いられ続けている。拷問を受けているにもかかわらず野蛮人をかばいたてている者もいる。現代社会は被害者のおぞましい排斥を続けている。その恐怖は被害者に回復不能な損傷を与えている。

もし被害者らの訴えが届いている人がいたらそのことをほかの世界の人たちにも伝えてほしい。そのことはかならず将来の人類のあんぜんにつながる。長い間被害者らは孤立しているがわたしは人類的希望をあきらめてはいない。かならずやわたしたちの本当の姿に気づいてくれる人々がいることを信じている。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 08:07 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
22 avril 2015

京大の物理学科で被害を受けていたのは益川氏と政池氏の講義になります。

被害について言明するのは控えていましたが黙っているのもフェアじゃないという気がしまして楽曲や映像などで被害があった部分もこれからは記せるように努力したいとおもいます。とくに政池氏の方はほとんど毎週の講義で言動被害の標的にされてしまいいまだにつらいかんじがします。友人だったひとから攻撃を受けた事も相当多いですが加害者のひとは加害者にしか見えないのです。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 11:56 - - Commentaires [0] - Permalien [#]
21 avril 2015

被害の訴えを続けるなら証拠集めはしないほうが得策か

機関や司法が公正な対応をしていない状況で証拠集めは有利とはいえない。そもそも野蛮人どもが根拠のあるなしを判断するというのはおかしい。考えたことを単純に主張したほうが良い。証拠を探させることによって被害者を割れさせてしまうことが催眠術者の本当の狙いである。むしろ黙っていても数え切れない槍玉が飛んできているのだから証拠がありすぎるのが不利である。兵器の禁止をもとめるのは本来ならば一般人の役目だ。兵器の直撃にさらされていない分彼らのほうが訴えに有利だからだ。私たちが司法のインチキを支援する必要はない。力を結束するためには呪術師に踊らされてはいけない。

ブログトップへ

Posté par TAKAHIRO à 14:07 - Commentaires [0] - Permalien [#]