Manipulation pourquoi?

21 août 2018

使われている技術が電磁波なのかという点

 最近の科学ニュースなどでは、脳波などの分析で思考を読み取る装置が作られていると報じられています。そういった方法があることはうすうす感じてはいましたが、遠隔被害の訴えが電磁波によるものかどうかという点はまだ結論がでません。もちろん現代の科学的常識からいえば、電磁波というのがもっともらしいですし、脳波の分析であれば十分な可能性があります。ただ私が悩んでいますのは、空間的精度の高さで、電子部品のような小さな金属片をも標的として攻撃しているため、「マイクロ波」と呼ばれるものでは精度が足りないのではと感じます。赤外線に近いようなものだとあまり遠隔にはならないかもしれないので、兵器が目撃されていてもおかしくないという気がします。被害を認識した当初は空間技術か何かと考えていましたが、残念ながら現代物理の常識では説明できない方法が使われてしまっているという現象や疑念が生じています。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 05:11 - Commentaires [0] - Permalien [#]

15 août 2018

ガスライティングって見てるわけでも無視してるわけでもないから、行動のしようがない

 種種のスパイ戦術として、電磁波兵器使用などは文章になっていないという説が一般的です。安倍首相になってからなんか秘密文書があるんじゃないかという匂わせを感じませんか。でも、ガスライティングというのはそうじゃないんです。存在するわけでも存在しないわけでもないというか、一般的な思考では対処しようがない技術です。だから、もう人生の記憶がなくなってしまえと思います。

 TBSで記憶をなくした人の身元を捜索する番組をやってましたが、ああいう状態の方は、電磁波被害者よりも身分が保証されていますし、見ようによってはずっといいですね。むしろあれが電磁波時代の正しい生存の仕方ではないでしょうか。

 視聴者の見方や現代の精神理解、社会的理解には誤解がつきものです。いくらがんばっても、ラリった時代に脳を忠実に分析したりはできません。正しくない方法をいくら考えても、悲惨な苦痛を起こすだけですから無駄な実験はさっさとやめてほしいです。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 09:09 - Commentaires [0] - Permalien [#]
10 août 2018

ガスライティングなど

 ネット上の被害者のページを探して閲覧することがたまにあります。内山治樹氏のブログは以前から有名で、内容はいつもかわらないなあと思っていたのですが、最近、夏場なので被害が減っているという記述がありました。実は私も同様なことを感じていました。

 遠隔被害がなくなると困難がなくなるかといえばなかなか難しい話です。特に、社会の受け入れがなく、身辺の近いところではガスライティングの類が30年、40年とくまなくあり、普通の人にあるような人生期間がないという問題があります。その点は拉致被害者と同じで、社会支援を切望しますが、社会そのものから無視されてしまっている状況です。

 ガスライティングの類は悲惨な内容なので、目を背けがちになり、本来は電磁波被害よりたいへんでも言及しにくいところがあります。遠隔被害ではやく死んでいたほうがましだったということにもなってしまいますので、早めにガスライティングの対策に転換する必要を感じます。悲惨な苦痛を伴いますが、長い期間をかけて苦痛が言えることもあるかもしれないので、どうか最後まであきらめないでほしというのが私の願いです。

(と書いてみましたが、やっぱり被害は多いしもうあきまへん。)

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 02:02 - Commentaires [0] - Permalien [#]
05 août 2018

よく考えていただければわかると思いますが、実は電磁波被害者のメンタルは世界最強です

テクノロジー被害者、電磁波被害者一般に対する、検索エンジンを使った嫌がらせが目につきます。差別が横行し、なかには実名を出しながらとんでもないインチキをやっている人物まで現れています。情報手段を悪用する脳がヤバイ方たちが平気でテロ行為を繰り返しています。

虐殺行為を目的としてペテンを働く集団によって、被害者の悪評が流されている様子をしばしば目にするのですが、実際はその反対であるということが普通です。電磁波被害者は、24時間の被害を受け、いつ何時でも避難などの対策を取らねばならず、そのうえ、往々にして、近親者などの虐待があります。連続的な苦痛を受けながら、数十万時間にもわたって災害訓練を継続しているという感じで、これで生きているというのは普通ではないのです。あくまで電磁波被害者が生き残っているだけであって、そのほかの方が太刀打ちするのは難しいと考えます。その証拠に電磁波被害者以外で健全な人間知性の判断を保持している方がほぼ見当たらなくなっているという状況があります。

電磁波被害者が助けを求めるという状況は、ほかの大多数ならまず死んでるだろうなといえる段階の被害です。電磁波被害者の精神保持力が強すぎるので一般の誤解が生じてしまっているという問題を勘定していただけると、悪質な情報を見破る契機になるのではとおもいます。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 17:45 - Commentaires [0] - Permalien [#]
04 août 2018

今日も通行人の被害に遭遇

いったん外に出るとほぼかならず被害を受けてしまいます。よくあるパターンで親子連れを装ったストーカー加害者でした。たいへんな苦痛にあっています。集団ストーカーは現行犯なのでこれをしょっ引かないというのは重大な危険です。平成も終わりで絶望感しかない状況です。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 07:41 - Commentaires [0] - Permalien [#]