Manipulation pourquoi?

12 septembre 2018

地域災害で一時的には電磁波被害者は社会に近づいたが排斥は大変。

 地震・停電は電磁波被害者に一時の安息を与えていたかもしれません。確かに北海道に住んでてこんなことはなかったので不思議ではあります。私たちが最も困窮させられている、彼らの日常からは逃避できたことでしょう。しかしながら依然として隔たりは大きなものです。電磁波被害者が社会に近づいていたのは一種の錯覚でしょう。

 電気は止まっても電磁波被害に変わりはありませんでした。ホームセンターに2時間並んでる間、工作者が絶えず出入りしましたがどうしようもできませんでした。工作者は人間よりゴリラのほうが賢いと談笑していましたが大きな誤解です。子供をウロチョロさせてこっちが気を取られたらどやす、これは年中やられています。電磁波被害者は市井の中で公然と苦痛を加えられていますが、その他の方々に聞く耳がないので取り締まれません。電磁波被害者は一般市民から生命の危険を受けており大変な利害関係があります。 

 あえて北海道の肩を持てば停電の時の交通マナーの良さには驚きました。信号がなくて大変なはずなのにむしろ事故が少なくなっていたかもしれません。電磁波被害が続いている間に電気の要らない信号の時代が訪れていたようです。停電時にひったくりというような話はすぐラジオに流れるのですが、良い点の扱いが報道で少ない気がします。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 16:21 - Commentaires [0] - Permalien [#]

27 août 2018

近親者による被害など

かなり昔のことになりますが、NPOの石橋氏に兄弟の家族から活動をやめてくれと言われたという話を聞きました。わたしは大変な問題と受け取ったのですが、石橋氏はヘラヘラと笑っていたので、ちょっとやばい感じがしました。あんまりつらいことが起きてしまっているので、許容限度を超えて変になってしまうのも仕方がないかもしれません。電磁波被害者の方々は、一般社会の方がでたらめを繰り返しているということを理解したうえで、それに対応させられてています。一種のキチガイホーダイがまかり通ってどうしようもないのですが、でたらめな言行に対応しなければならず、とんでもない徒労を強いられています。そのうえ、こちらが常識的な主張を行っても、自覚を持たず、彼らは人類の一部だと錯覚しているのです。電磁波被害者が置かれている社会状況は、非常に切迫したものです。これまでの、莫大な犠牲をむだにしないためにも、ゴリラ社会の追放が必要です。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 07:30 - Commentaires [0] - Permalien [#]
24 août 2018

フォーチュン広島ってマツダの殺人業者でしょうか

インターネット上で、堂々と組織名を掲げてNPOや、集団ストーカーを訴える人々への悪評を立てている者がいるようです。悪評を立てられるんだったらあんたらの脳みそなおせよ。あなたがたがペテンを繰り返し悪意に満ちた拷問虐殺を繰り返すのは、人間知性に欠けたバカだからです。広島でストーカーって言ったらマツダだろ。犯罪で暴利を得るな。テロ行為で安心というのでは終わってますね。苦痛を全く知らない天国の住民が究極の虐殺やペテンを繰り返すという痴態。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 23:35 - Commentaires [0] - Permalien [#]

被災者の皆様、電磁波被害者の緊急支援をお願いします

 余剰している物資でも何でも構いません。全国の電磁波被害者への支援をお願いします。緊急性という点ではこちらのほうが大変でございます。電磁波被害から逃れられない状況が数十年ほど続いています。私たちには避難施設がありません。被災者の皆様のお力で、日々の拷問攻撃からの防護施設を用意してはいただけないでしょうか。同じ日本に住んでいると聞いておりますが、緊急性の問題はこちらにございます。電磁波被害者への支援をどうかお願いします。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 22:29 - Commentaires [0] - Permalien [#]
21 août 2018

使われている技術が電磁波なのかという点

 最近の科学ニュースなどでは、脳波などの分析で思考を読み取る装置が作られていると報じられています。そういった方法があることはうすうす感じてはいましたが、遠隔被害の訴えが電磁波によるものかどうかという点はまだ結論がでません。もちろん現代の科学的常識からいえば、電磁波というのがもっともらしいですし、脳波の分析であれば十分な可能性があります。ただ私が悩んでいますのは、空間的精度の高さで、電子部品のような小さな金属片をも標的として攻撃しているため、「マイクロ波」と呼ばれるものでは精度が足りないのではと感じます。赤外線に近いようなものだとあまり遠隔にはならないかもしれないので、兵器が目撃されていてもおかしくないという気がします。被害を認識した当初は空間技術か何かと考えていましたが、残念ながら現代物理の常識では説明できない方法が使われてしまっているという現象や疑念が生じています。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 05:11 - Commentaires [0] - Permalien [#]