Manipulation pourquoi?

15 novembre 2017

多くの被害者は友人家族のために自らの生命を犠牲にし、一方で、同じ方面から信じがたい暴行にみまわれます。この状態を一体どうせよというのでしょうか。

洗脳被害の恐怖についてはあまりお伝えすることができないのですが、被害者に最も似合う言葉は「自己犠牲」です。その中身がとんでもないナチ的内容になってしまうので、伝えられていないのですが、被害者の方々が最終的な犠牲になってしまうのではよくないと感じています。良い話を聞くことはないです。でも、どうにか助かってもらいたい。それが、ゴリラの星を人間の星に変える唯一の方法でしょう。今の状況ではいったん被害に遭ってしまうと、何年耐えていても人生期間は戻りません。被害者が死なずに一秒でも人生を取り戻せることが起きなければどうにもなりません。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 20:38 - Commentaires [0] - Permalien [#]

20 octobre 2017

中高生の自殺のニュースが相次いでいます。MKウルトラ殺人を大至急調査してください。

先人の作り上げた異常ゴリラ社会の中で、理由もなく差別や暴行に見舞われ、何も知らず生まれてきた若者が殺され続けています。私も何も知らず殺されかけた一人です。MKウルトラは人間を最も悲惨な生命体に変える究極の虐殺犯罪手段です。かつて自殺と言えば、漠然とした不安の中で死をえらぶという逸話が聞かれました。しかし、現在の状況は、極限の暴力や虐待を長期間繰り返され、人格的品位を抹殺され、信頼者からの虐げを受けた挙句、希望に咽び泣きながら憤死するという、とても悲惨な内容です。ただ殺されるのではなく、人生期間のほどんどを暴行と虐げで埋め尽くされています。私たちは選ぶすべがなく、この電波汚染社会に生まれつきました。偽の平和情報が蔓延し、ごく小さな問題でマスメディアは騒ぎ立て、法律を悪用して犯罪被害者の虐殺を行っています。苦痛など全く感じたことのない天国の住民が、究極の虐殺やペテンを繰り返しています。ビル・クリントンはMKウルトラ犯罪者を処刑せず、世界中に恐怖を蔓延させました。人道にかかわる犯罪を止めるには、過去に際限なく遡及した責任の追及が必要です。オバマ、クリントンは東京裁判で断罪します。過去の人殺しを野放しにしないことが何よりも重要です。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 10:59 - Commentaires [0] - Permalien [#]
19 octobre 2017

爬虫類・両生類用品の寄付を受け付けます

新党「ふざけんな」は今回の衆議院選挙に候補を立てられませんでした。私たちはもっと大きくならなければならない。安倍政権という第二共産党に負けてはいられないという思いをこれまで以上に強くしました。支持者の皆さんには大変感謝いたしております。どうかご支援のほうをよろしくお願いします。

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 08:44 - Commentaires [0] - Permalien [#]
25 septembre 2017

新党「ふざけんな」を結成します

世の中ペテンばかりでもうこれ以上やってられません。気絶寸前で、立っているのも苦しいです。本当にこの社会でよいのでしょうか。今は仕方がないと甘んじても、死ぬまでこの状況に耐えられるでしょうか。日本人の借金未来は平等に確定しています。私は核開発をしない政府を信じません。目には目をデンパにはデンパをで社会の安定を取り戻します。比例区には「ふざけんな」とお書きください。

 

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 23:18 - Commentaires [0] - Permalien [#]
18 septembre 2017

裁判における近親者を不利に陥れる証言等の禁止を

たいへん残念なことですが、工作員は被害者の本当に身近なところに入ってしまっていることがあたりまえです。でんじは被害という一番大きな問題が存在しているのに、工作員に伺いを立てているのでは、全く中身がなく、でたらめな議論が繰り返されるばかりです。また、ニュースやインターネットでの悪口に使われ、でんじは被害者に危害を及ぼしています。一人の被害者の周りに出現している工作員の規模は、10人、20人といった程度ではありません。被害者の人生を奪い、不当に陥れるために、数えきれない工作者が悠々と入り込んでしまっているのが現状です。まともな人間ならこんなことをやるのかという、えげつないいかれた行為ばかりです。裁判における最低限の節度が守られるように、外部証言には見直しが必要です。

 

Blog Top Page.

Posté par TAKAHIRO à 08:03 - Commentaires [0] - Permalien [#]