わたしが精神分析医キャロルスミス氏の論文の翻訳を公表したのは2004年のことになります。タイトルなどから電磁波被害者にたいして誤解を生むのではないかという心配はありましたが、被害者以外の一般の方々でも、客観的な事実の取り扱いを問題なく行うことができる、そのような人物が存在しているということの証拠として、何より重要な内容と考えました。しかしながら、現在まで、精神医療従事者らは詐病のような活動を繰り返しており、電磁波被害者に危害を与えているのみではなく、一般社会に深刻な損害をもたらし続けています。それが単に専門家が一般人にうそをついている、騙しているというレベルというよりも、精神技術という企図自体の概念的な崩壊によって、客観的な判断力を回復することが困難になってしまっているというのが現状とおもわれます。わたしは電磁波被害者を救済するということは、政治的な問題というよりも、人類の安全を取り戻すために根本的に重要なことと考えています。たとえ地球に太陽が落ちてきたとしても、まず第一に考えなければならないことは、電磁波攻撃を止めることです。テロ活動一辺倒ではなく、客観的判断力の復元によって、治安や安全を守る正常な社会の復元が必要になっています。

Blog Top Page.